徳山ロータリークラブ
プライバシーポリシー サイトマップ
ホーム ピックアップ ロータリーとは? クラブ紹介 会員紹介 週報 活動実績
ホーム > 会員紹介 > 委員会
委員会
会員一覧 委員会 委員会構成表
会員組織
【委員長】
橋野成正
【運営方針】
“ロータリーの友”の内容を中心に会員に向け情報提供を行なう。ロータリー精神をクラブ全員で共有できるように努め、会員の維持を図るとともに、クラブ外の方にクラブの魅力を発信していただき、会員増強を図る。
【事業計画】
 1.クラブ全体の課題として、会員維持を大前提とし会員増強を図ります。
 2.“ロータリーの友”等を通じロータリーに関する情報を会員に提供し、ロータリー活動の多様性、
   社会的意義への理解を促し、ロータリー精神の共有を図ります。
クラブ管理
【委員長】
松村佳成
【運営方針】
 各委員会と連携して元気なクラブを創る。 
【事業計画】
 1.明るく楽しい例会にする。
 2.例会の出席率の向上を計る。
 3.魅力あるプログラムを企画する。
 4.忘年家族会、親睦旅行を楽しめるように企画する。
公共イメージ
【委員長】
守政和浩
【運営方針】
 今年度の会長方針にもある「ロータリーの存在感を高める」を実践していくために、いろいろな手段で情報発信を行っていくことで情報発信力を強化し、ロータリークラブをより知ってもらうことに注力する。
【事業計画】
 1.ホームページを活用する
   ホームページは、情報を必要としている人が必要な時に情報を得ることができるというメリットはある
   ものの、情報を取りに来てもらうということが必須となる。徳山ロータリークラブの活動をよりよく
   知ってもらうためのツールとして、ホームページそのものの存在を知らしめる方法を検討し、実施する。
 2.テレビや新聞等のマスコミを活用する
   テレビや新聞等が興味を持つような活動内容を知らせ、画面や紙面への露出を図る。
 3.会員に「ロータリーの友」や「ガバナー月信」の閲覧を進める
   ロータリーの活動をより知ってもらえば、会員自らがそのことを周りに知らせることができるようになり、
   公共イメージ向上の担い手となってもらうことができる。
 4.週報を充実させる。
奉仕プロジェクト
【委員長】
河野正幸
【運営方針】
 がん予防の更なる啓蒙活動を行う。地域活性化に取り組む奉仕活動を推進する。
【事業計画】
 各委員会の会員に対し積極参加を呼び掛ける。
ロータリー財団
【委員長】
静間隆浩
【運営方針】
 ロータリー財団と米山記念奨学会の活動に対して理解を深める。
【事業計画】
 ロータリー財団の年次基金の寄付、ポリオプラスの支援をお願いする。
 米山記念奨学記の地区目標の達成に努める。
委員会メンバー
委員名 氏 名 会社名
会長 三浦 靖彦 山口県民共済生活協同組合
幹事 西尾 正尚 山田石油
副会長・会員組織 橋野 成正 橋野法律事務所
クラブ管理 松村 佳成 学校法人宇治ヶ森学園あおば幼稚園
公共イメージ 守政 和浩 サマンサジャパン
奉仕プロジェクト 河野 正幸 日本ハウス
ロータリー財団 静間 隆浩 蠕症設計
直前会長 岡崎 昌子 蠧光組
副幹事・会計 中野 譲 螢淵ノ
SAA 松村 喜裕 防長交通
ページのトップへ
Copyright(C) 2005 tokuyama rotary club. All Rights Reserved.