徳山ロータリークラブ
プライバシーポリシー サイトマップ
ホーム ピックアップ ロータリーとは? クラブ紹介 会員紹介 週報 活動実績
ホーム > 会員紹介 > 委員会
委員会
会員一覧 委員会 委員会構成表
会員組織
【委員長】
戸倉茂雄
【運営方針】
ロータリー情報を発信し理解を深めることにより、会員相互の意識の共有に努め、会員の維持に努めるとともに、クラブ外の人にロータリークラブの魅力を伝え、会員の増強を図る。
【事業計画】
 1.クラブ全体の課題として、会員の維持と増強を図ります。
 2.週報やロータリーの友、ロータリージャパンなどの情報を会員に提供し、ロータリー活動の多様性、社会的
   意義への理解と会員相互の意識の共有を図ります。
クラブ管理
【委員長】
福谷正道
【運営方針】
 徳山ロータリークラブらしさのある例会運営、活動実行をすること。
 ロータリークラブで楽しく活動をすること。
【事業計画】
 今年度は徳山ロータリークラブらしく歴史慣例を守りつつ、柔軟な運営をする。
  SAA委員会
    ・スムーズな例会
    ・ゲスト・ビジターに失礼の無いこと
    ・楽しく卓話を聴くために配慮すること
  出席委員会
    ・欠席者に出席を促すメッセージを送る
  親睦活動委員会
    ・メンバーは勿論、家族にも喜ばれるロータリークラブにする
    ・忘年家族会、親睦旅行を楽しもう
    ・国際大会に参加しよう(ホノルル)
公共イメージ
【委員長】
守政和浩
【運営方針】
 今年度の会長方針にもある「社会に向けてロータリー活動を発信する」役目が、広報員会である。様々な情報発信の手段を使い、徳山ロータリークラブとその活動状況を広く知ってもらうことに注力する。
【事業計画】
 1.ホームページを活用する。
   ホームページは、情報を必要としている人が必要な時に簡単にアクセスできる情報源として重宝されるが、
   情報を取りに来てもらうための仕掛けが必要となってくる。 そもそも、徳山ロータリークラブのホーム
   ページの存在そのものが知られていない可能性が高いため、今年度は、次項にあるテレビや新聞等のマス
   コミ情報で徳山ロータリークラブのホームページの存在を知ってもらうことに力を入れていく。
 2.テレビや新聞等のマスコミを活用する。
   テレビや新聞等のマスコミ情報は、「向こうから入ってくる」情報であるため、ホームページと合わせて
   活用することが必要と考える。興味を持ってもらえるような活動内容をプレスリリースし、少しでも画面や
   紙面への露出を図る。同時に、ホームページからも情報が入手できることも知ってもらえるようにする。
 3.会員の口を広報手段にするために、「ロータリーの友」や「ガバナー月信」の閲覧を進める。
   会員が、ロータリークラブがどのような活動をしているのかをより深く知ることができれば、会員の口が
   広報手段の一つになりうる。会員自らがロータリークラブの活動状況を周りに伝えることが、公共イメージ
   向上になり、同時に会員増強の一助ともなる。
 4.週報を充実させる。
奉仕プロジェクト
【委員長】
竹村恭典
【運営方針】
 地域活性化に取り組む奉仕活動を推進する。
【事業計画】
 ・四大奉仕(職業・社会・国際・青少年)をPRし、補佐・実施する。
 ・各委員会との連携を図る。
 ・各委員会の実施プログラムへ積極参加を呼び掛ける。
ロータリー財団
【委員長】
藤村哲一
【運営方針】
 クラブ会員の多くがロータリー財団及び、米山記念奨学会制度の内容や、活動に対し理解を深めるよう推進する。
【事業計画】
 週報や例会、又は講師等を通じロータリー財団、米山記念奨学会についての情報提供を行なう。
委員会メンバー
委員名 氏 名 会社名
会長 橋野 成正 橋野法律事務所
幹事 中野 譲 螢淵ノ
副会長・会員組織 戸倉 茂雄 とくら土地家屋調査士事務所
クラブ管理 福谷 正道 衒|商事
公共イメージ 守政 和浩 サマンサジャパン
奉仕プロジェクト 竹村 恭典 螢織吋妊
ロータリー財団 藤村 哲一 富士事務器
直前会長 三浦 靖彦 山口県民共済生活協同組合
副幹事・会計 柏田 裕之 山口朝日放送蠎南支社
SAA 光橋 康雄 野村証券蠧岨鎧拇
ページのトップへ
Copyright(C) 2005 tokuyama rotary club. All Rights Reserved.